ことわざ/二兎を追う者は一兎をも得ず(にとをおうものはいっともえず)とは?

「二兎を追う者は一兎をも得ず」意味と読み方

【表記】二兎を追う者は一兎をも得ず
【読み】にとをおうものはいっともえず
【ローマ字】NITOWOOUMONOHAITTOMOEZU

【意味】
同時に二つのことをしようとすれば、結局どちらも成功しないという意味。

説明

一度に二つのものを手に入れようと欲張ると、結局どちらも手に入れられなくなることのたとえ。一度に二羽のうさぎを捕えようとすると、結局一匹も捕らえられなくなるなるという意味。元は西洋のことわざ。二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである。また、一つの物事に集中せずあちらこちらに気を取られることへの戒めの意味を込めて使うことも多い。

詳細

注釈、由来

【注釈】二羽の兎を同時に捕まえようとする者は、結局は一羽も捕まえられないということからいった西洋のことわざ。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「二兎を追う者は一兎をも得ず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

二兎追う者(にとおうもの)/二兎を追う者一兎も(にとおうものいっとも)

【類義語】

右手に円を描き、左手に方を描く/大欲は無欲に似たり/花も折らず実も取らず/一も取らず二も取らず/虻蜂取らず/欲は身を失う/欲張って糞垂れる/欲の熊鷹股裂くる/心は二つ身は一つ

【対義語】

一挙両得/一箭双雕/一石二鳥

【注意】

「二兎を追う者は一兎をも得ず」の例文

【日本語】「二兎を追う者は一兎をも得ずで、副業と同時進行していたらどちらの仕事もおろそかになってしまった」
【英語】
If you run after two hares, you will catch neither./He who hunts tow hares catches neigher./Between two stool the tail goes to ground./He that hunts two hares loses both.

タイトルとURLをコピーしました