ことわざ/煮ても焼いても食えない(にてもやいてもくえない)とは?

「煮ても焼いても食えない」意味と読み方

【表記】煮ても焼いても食えない
【読み】にてもやいてもくえない
【ローマ字】NITEMOYAITEMOKUENAI

【意味】
施す手段がなく、手に負えない。

説明

食用にならないものは、煮ようが焼こうが食えないことから。どう扱うこともできない人や物のたとえ。また、思いどおりにならず、どうしようもないこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】食用にならないものは、煮ようが焼こうが食えないことから。

【出典元】-
【語源・由来】『当世誰身上』より「煮ても焼いても食われぬものは、しゅうと婆と栗のいが」とある。

「煮ても焼いても食えない」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

四も五も食わぬ/酢でも蒟蒻でも食えぬ/煮ても焼いても噛まれぬ/箸にも棒にもかからない/一筋縄で行かぬ/海に千年山に千年/酢でも蒟蒻でも

【対義語】

【注意】
「煮ても焼いても食べられない」とは言わない。

「煮ても焼いても食えない」の例文

【日本語】「煮ても焼いても食えない人物とは聞いていたが、ここまでひどいとは思わなかった。解決するにも一筋縄ではいかないな」
【英語】
Be hard to deal withtough bird to cook./Not good to eat even grilled be boiled.

タイトルとURLをコピーしました