ことわざ/老婆心(ろうばしん)とは?

「老婆心」意味と読み方

【表記】老婆心
【読み】ろうばしん
【ローマ字】ROUBASHINN

【意味】
必要以上に世話をやこうとする自分の気持ちを、へりくだっていうことば。

説明

高齢の女性が、度を越してあれこれと気を遣うことから転じて。おもに、人に忠告するときに、自分の親切をへりくだっていう言葉。おせっかいのこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】長い人生経験のある年老いた女性が、必要以上に心配することから。

【出典元】「景徳伝灯録」
【語源・由来】おもに、人に忠告するときに、自分の親切をへりくだっていう言葉。おばあさんが、長い人生経験から得た知識を使って、とにかくいろいろと気を使うことから。

「老婆心」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

老婆心切/老婆親切

【対義語】

【注意】
へりくだった言い方ではあるが、経験豊富な目上の人に使うのは失礼にあたる場合があるので注意が必要。 誤用例 「老婆心ながら意見させていただきますが、社長のお考えには社員から不満が出るかもしれません」

「老婆心」の例文

【日本語】「老婆心から言わせてもらえば、その企画を決行するなら、慎重に進めるべきだと思うよ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました