ことわざ/隴を得て蜀を望む(ろうをえてしょくをのぞむ)とは?

「隴を得て蜀を望む」意味と読み方

【表記】隴を得て蜀を望む
【読み】ろうをえてしょくをのぞむ
【ローマ字】ROUWOETESHOKUWONOZOMU

【意味】
一つの望みを遂げると、次の望みを抱くようになるということ。欲望には限りがないことのたとえ。

説明

「人は足るを知らざるに苦しむ。既に隴を平らげて復蜀を望む」『後漢書・岑彭伝』より。後漢の光武帝が隴の地方を平定したあと、蜀をも手に入れようとした自分自身の欲深さを自嘲したという話。もしくは、三国志の時代に、魏の曹操が隴の地を手に入れた際、部下の司馬懿が「蜀の地も攻め取りましょう」と言うのを聞き、「すでに隴を得たうえに蜀まで望むとは」と曹操が言った言葉。「隴」とは、中国甘粛省南東部の地名。

詳細

注釈、由来

【注釈】「隴」とは、中国甘粛省南東部の地名。 「蜀」とは、現在の四川省の地域のこと。

【出典元】「後漢書」
【語源・由来】「三国志」より。中国の三国時代、魏の曹操が隴の地を得た時、部下の司馬仲達が蜀の地も攻め取ろうと進言した。それに対して曹操が答えて言ったことば。

「隴を得て蜀を望む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

望蜀の願い(ぼうしょくのねがい)/望蜀の嘆(ぼうしょくのたん)

【類義語】

亀も上々/亀の年を鶴が羨む/欲に頂なし/千石取れば万石羨む/望蜀

【対義語】

【注意】

「隴を得て蜀を望む」の例文

【日本語】「隴を得て蜀を望むで、目標としていた試験に受かったら、もっと難しい資格が欲しくなった」
【英語】
Much would have more./Avarice knows no bounds./One desire gratified gives rise to another.

タイトルとURLをコピーしました