ことわざ/喪家の狗(そうかのいぬ)とは?

「喪家の狗」意味と読み方

【表記】喪家の狗
【読み】そうかのいぬ
【ローマ字】SOUKANOINU

【意味】
ひどくやつれて元気のない人のたとえ。

説明

直訳すると、葬式があった家は、悲しみのあまり、飼い犬に餌をやることも忘れ犬はやせ衰えていくという意味であり、やせ衰えて元気のない人のたとえ。また、「喪家」は「家を失う」という意味もあることから、宿なし犬、野良犬を意味することもある。人々が、弟子とはぐれ、諸国を周遊してすっかりやつれた孔子を見て「累累として喪家の狗の若し(やつれ果てて、まるで喪家の狗のようだ)」と言ったことが語源。

詳細

注釈、由来

【注釈】「喪家」とは喪中の家の人。「狗」は「犬」のこと

【出典元】「孔子家語」困誓
【語源・由来】-

「喪家の狗」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

忌中の犬のよう/喪狗

【対義語】

【注意】
「喪家」を「そうけ」と読むのは誤り。

「喪家の狗」の例文

【日本語】「仕事も家庭も一度に失った彼は、まるで喪家の狗のように力衰えてしまった」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました