ことわざ/滄海の一粟(そうかいのいちぞく)とは?

スポンサーリンク

「滄海の一粟」意味と読み方

【表記】滄海の一粟
【読み】そうかいのいちぞく
【ローマ字】SOUKAINOICHIZOKU

【意味】
広大なものの中の極めて小さいもののたとえ。
スポンサーリンク

説明

青海原にある一粒の粟のように小さい意味から。広大なものの中のきわめて小さいもののたとえ。また、宇宙における人間の存在のはかなさのたとえ。大海原に浮かぶ一粒の粟のこと。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「滄海」は青い大海、「一粟」は一粒の粟のことで大海に浮かぶ一粒の粟という意味。

【出典元】「蘇軾・前赤壁賦」
【語源・由来】「滄海(広大な大海原)に浮かぶ、一粒の粟。」「蘇軾・前赤壁賦」より。

「滄海の一粟」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

蒼海の一粟(そうかいのいちぞく)

【類義語】

九牛の一毛/大海の一滴/大海の一粟/死海の一滴

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「滄海の一粟」の例文

【日本語】「人生など、しょせん滄海の一粟に過ぎない」
【英語】
a drop in the ocean./It of the existence of man in the universe is small.

タイトルとURLをコピーしました