ことわざ/俎上の魚(そじょうのうお)とは?

スポンサーリンク

「俎上の魚」意味と読み方

【表記】俎上の魚
【読み】そじょうのうお
【ローマ字】SOJOUNOUO

【意味】
運命が、相手のなすに任せるよりほかのないこと。
スポンサーリンク

説明

まな板の上に載せられ、じっと料理されるのを待つしかない運命におかれた魚の意味から。相手の思うままになるより仕方のない立場に立たされていることのたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「俎」は「まな板」のこと。

【出典元】-
【語源・由来】「俎(そ)」とは、まな板のこと。まな板の上に魚が乗せられて、料理されるのを待つしかないという意味から。

「俎上の魚」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

俎上の鯉(そじょうのこい)

【類義語】

俎板の鯉/俎上の鯉/俎上の肉/まな板の上の蛸/俎板の魚/まな板の肉/まな板の鯉/まな板の魚

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「俎上の魚」の例文

【日本語】「その被告人はまさに俎上の魚で、ただじっと判決が言い渡されるのを待つことしかできなかった」
【英語】
There is no escape for someone./In this case, it only dies.

タイトルとURLをコピーしました