ことわざ/備えあれば憂いなし(そなえあればうれいなし)とは?

「備えあれば憂いなし」意味と読み方

【表記】備えあれば憂いなし
【読み】そなえあればうれいなし
【ローマ字】SONAEAREBAUREINASHI

【意味】
日頃から準備をしていれば、万一の事が起こっても心配することはないということ。

説明

普段から非常時の準備をしておけば、緊急の事態が起こっても心配する必要がないということ。「これ事を事とする(するべきことをしておく)乃ち其れ備え有り、備えあれば患い無し」とある。『書経』より。殷の宰相傳説の言葉。

詳細

注釈、由来

【注釈】「憂い」は心配ごとという意味で、「患(い)」とも書く。

【出典元】「書経」
【語源・由来】中国の「書経」に 「これを事とすれば、すなわち其れ備え有り」 とある。

「備えあれば憂いなし」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

備えあれば憂いなし/転ばぬ先の杖/濡れぬ先の傘/後悔先に立たず/遠慮なければ近憂あり/念には念を入れよ/降らぬ先の傘/事を事とすればすなわちそれ備えあり/用心には網を張れ/良いうちから養生/予防は治療に勝る/用心は前にあり/跳ぶ前に見よ/用心に怪我なし/遠き慮りなければ必ず近き憂えあり

【対義語】

泥棒を捕らえて縄を綯う/盗人を見て縄を綯う/渇して井を穿つ

【注意】
神仏にお供えする意味でないため、「供えあれば」と書くのは誤り。

「備えあれば憂いなし」の例文

【日本語】「防犯グッズを買いに行こう。備えあれば憂いなしというからね」/「万が一の時ために頭痛薬を渡しておくよ。備えあれば憂いなしというから。」
【英語】
Lay by something for a rainy day./Providing is preventing./Keep something for a rainy day./Save it for a rainy day.

タイトルとURLをコピーしました