ことわざ/頭角を現す(とうかくをあらわす)とは?

スポンサーリンク

「頭角を現す」意味と読み方

【表記】頭角を現す
【読み】とうかくをあらわす
【ローマ字】TOUKAKUWOARAWASU

【意味】
才能や学識が人より一段と優れていること。
スポンサーリンク

説明

才能や腕前が群を抜いてすぐれ、際立って目立つこと。「頭角」とは頭の先のことで、大勢の中で頭の先を他者より高く現しているという意味。「嶄然として頭角を見す」という『韓愈・柳子厚墓誌銘』の故事によるもの。柳子厚は二十一歳で進士、二十六歳で博学宏詞科合格という秀才。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「頭角」は頭の先の意。大勢の中で、頭の先を他のものより一段高く現しているということ。「現す」は「見す」とも書くが、「表す」とは書かない。

【出典元】『韓愈・柳子厚墓誌銘』
【語源・由来】『韓愈・柳子厚墓誌銘』に「嶄然として頭角を見す」とある。

「頭角を現す」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

頭を現す/頭を擡げる

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「頭角を現す」の例文

【日本語】「彼は入社したときから燦然として頭角を現していた」
【英語】
To stand head and shoulders.

タイトルとURLをコピーしました