ことわざ/独活の大木(うどのたいぼく)とは?

スポンサーリンク

「独活の大木」意味と読み方

【表記】独活の大木
【読み】うどのたいぼく
【ローマ字】UDONOTAIBOKU

【意味】
体ばかり大きくて役に立たない人のたとえ。
スポンサーリンク

説明

体ばかり大きくて何の役にも立たない人のたとえ。独活(うど)は日本中の山野に自生している山菜のことで、ウコギ科の多年草。簡単に大きくなることから江戸時代に食用としての栽培が始まった。基本的に60~70cmほどで収穫されるが、そのまま放置しておくと2m前後にもなり、食用として利用できなくなる。とはいえ、材木としては柔らかすぎて使えないことから、大きくなったウドは何も役に立たないということを指す。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「独活(ウド)」は、日本の山野に自生する山菜のこと。

【出典元】-
【語源・由来】独活(うど)の茎は木のように太く、高さは2メートルにもなるが、柔らかくて用材にならない意味。

「独活の大木」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

独活の大木柱にならぬ(うどのたいぼくはしらにならぬ)

【類義語】

大男総身に知恵が回りかね/白豆腐の拍子木/独活の大木蓮木刀/大男総身に知恵が回り兼ね/大男の殿/大きな大根辛くなし/独活の大木柱にならぬ/大男の見かけ倒し/大男の見掛け倒し/長鞭馬腹に及ばず/千人持ちの蒟蒻

【対義語】

細くても針は呑めぬ/小さくとも針は呑まれぬ/山椒は小粒でもぴりりと辛い

【注意】
人ではなく物に使うのは誤り。誤用例 「こんな立派な美容機器があっても、使わなければ場所だけ占領されて独活の大木みたいだね」褒め言葉として使うのは誤り。誤用例 「子供の頃は背も小さいほうだったのに、今はこんなに大きく成長して。独活の大木のようですね」
スポンサーリンク

「独活の大木」の例文

【日本語】「彼は体も大きく食欲もすごいけど、さっぱり働かない。彼のような人を独活の大木というのだろう」
【英語】
Great trees are good for nothing but shade./A big useless fellow.

タイトルとURLをコピーしました