ことわざ/寝耳に水(ねみみにみず)とは?

【読み】ねみみにみず【意味】不意の出来事や知らせに驚き慌てるたとえ。【類義語】藪から棒/足下から煙が出る/青天の霹靂/足下から雉が立つ/足下から鳥/窓から槍/寝耳に擂粉木/寝耳に擂り粉木/足下から鳥が立つ【対義語】ー

ことわざ/猫に鰹節(ねこにかつおぶし)とは?

【読み】ねこにかつおぶし【意味】猫のそばに大好物の鰹節を置くこと。油断できないこと。【類義語】盗人に鍵を預ける/狐に小豆飯/金魚に孑孑/猫に魚の番/盗人に蔵の番【対義語】ー

ことわざ/念には念を入れよ(ねんにはねんをいれよ)とは?

【読み】ねんにはねんをいれよ【意味】注意したうえにも注意を重ねよ。きわめて慎重に物事を行えという意味。【類義語】念を入れよ/用心は臆病にせよ/念には念を入れる/石橋を叩いて渡る/二番目の考えが最善である/浅い川も深く渡れ/念の上にも念/濡れぬ先の傘/分別の分が百貫する/分別の上の分別/石橋に鉄の杖/三遍回って煙草にしょ/用心には網を張れ/瀬を踏んで淵を知る/一度話す前に二度聞け/転ばぬ先の杖【対義語】彩ずる仏の鼻を欠く/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る/念者の不念/一か八か

ことわざ/猫に小判(ねこにこばん)とは?

【読み】ねこにこばん【意味】価値の分からぬ者に貴重なものを与えても無駄であること。【類義語】馬の目に銭/犬に論語/馬の耳に念仏/猫の前に小判/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/犬に小判/豚に真珠/豚に念仏猫に経/牛に経文/馬の耳に風/牛に麝香/兎に祭文/猫に胡桃をあずける/犬に念仏猫に経/猫に石仏【対義語】-

ことわざ/寝る子は育つ(ねるこはそだつ)とは?

【読み】ねるこはそだつ【意味】よく眠る子は、丈夫に成長するという意味。【類義語】寝る子は太る/寝る子は息災/寝る子は育つ親助け/赤子の泣くのは親孝行/泣く子は育つ/赤子は泣き泣き育つ/泣く子は利口/泣く子は食い勝つ【対義語】-

ことわざ/猫も杓子も(ねこもしゃくしも)とは?

【読み】ねこもしゃくしも【意味】だれもかれも。なにもかも。【類義語】老いも若きも【対義語】-

ことわざ/猫の手も借りたい(ねこのてもかりたい)とは?

【読み】ねこのてもかりたい【意味】どんな手伝いでも欲しいほど、非常に忙しいこと。【類義語】犬の手も人の手にしたい【対義語】-

ことわざ/根も葉もない(ねもはもない)とは?

【読み】ねもはもない【意味】なんの根拠もないこと。【類義語】-【対義語】-

ことわざ/猫にまたたび(ねこにまたたび)とは?

【読み】ねこにまたたび【意味】大好物のたとえ。また、それを与えれば非常に効き目があることのたとえ。【類義語】牛の子に味噌/泣く子に乳【対義語】-

ことわざ/猫の首に鈴をつける(ねこのくびにすずをつける)とは?

【読み】ねこのくびにすずをつける【意味】非常に危険なこと、成功や実現の見込みがないことのたとえ。【類義語】言うは易く行うは難し/言うは行うより易し/机上の空論【対義語】-
タイトルとURLをコピーしました