ことわざ/苦あれば楽あり(くあればらくあり)とは?

スポンサーリンク

「苦あれば楽あり」意味と読み方

【表記】苦あれば楽あり
【読み】くあればらくあり
【ローマ字】KUAREBARAKUARI

【意味】
苦労のあとには、楽しいことが待っているということ。
スポンサーリンク

説明

苦労の後には、必ず楽しいことがあるはずだということ。人生は苦楽相伴うものだから、苦労ばかりは続かないし、楽しいことばかりが続くわけでもない。怠けた人生を送れば後で苦労に見舞われるが、苦労をしていれば後で楽になれるという意味も含む。元は仏教用語のようにも思えるが、中国の明時代に書かれた『菜根譚』前集75条に「一苦一楽(苦しい時も楽しい時も)」とある。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】苦も、楽も、どちらも永遠には続かず、繰り返しやってくるという意味。

【出典元】-
【語源・由来】-

「苦あれば楽あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

苦あれば楽あり、楽あれば苦あり(くあればらくあり、らくあればくあり)

【類義語】

悲しみと喜びとは交互に相次ぐ/いい後は悪い/楽あれば苦あり/苦楽は生涯の道づれ/楽しみは苦しみの種/楽する悪かろう苦をするよかろう/苦楽は相伴う/上り坂あれば下り坂あり/禍福は糾える縄の如し/楽は苦の種、苦は楽の種 /すべてのメダルには裏がある/浮世の苦楽は壁一重

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「苦あれば楽あり」の例文

【日本語】「人生は苦あれば楽ありだから、今はつらくてもじっと耐えて、人生が終わる頃には穏やかな暮らしができるはずだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました