ことわざ/損して得取れ(そんしてとくとれ)とは?

「損して得取れ」意味と読み方

【表記】損して得取れ
【読み】そんしてとくとれ
【ローマ字】SONNSHITETOKUTORE

【意味】
一時は損をしても、先の大きな利益を得るようにせよという意味。

説明

目先だけの得を考えるとかえって大きな損をすることがあり、逆に今の損を我慢すれば最終的に大きな得を得ることがある。主に商売のこつとして言われることわざ。

詳細

注釈、由来

【注釈】目先だけの得を考えるとかえって大きな損をすることがあり、逆に今の損を我慢すれば最終的に大きな得を得ることがある。 主に商売のこつとして言われることば。

【出典元】-
【語源・由来】目先の小さい損を嫌がっていると、結局大きな利益を逃してしまうということが由来。

「損して得取れ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

損して得取る(そんしてとくとる)

【類義語】

損せぬ人に儲けなし/損は儲けの始め/一文吝みの百知らず/損をして利を見よ/損をすれば得をする/損すれば得する/損と傷は癒え合う

【対義語】

一文惜しみの百知らず

【注意】

「損して得取れ」の例文

【日本語】「経費もかかるし準備金もかかるが、良いものを作れば必ず見返りがあると信じている。損して得取れの精神で、これからも目先の利益にはこだわらないで商売していくよ」
【英語】
Sometimes the best gain is to lose./Sometimes the best gain is to lose.

タイトルとURLをコピーしました