ことわざ/前門の虎、後門の狼(ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ)とは?

スポンサーリンク

「前門の虎、後門の狼」意味と読み方

【表記】前門の虎、後門の狼
【読み】ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ
【ローマ字】ZENNMONNNOTORA,KOUMONNNOOOKAMI

【意味】
一つの災難を逃れても、さらにまた別の災いに遭うことのたとえ。
スポンサーリンク

説明

前後から挟まれて、絶体絶命の状態で打つ手なしという時に使う。前門では虎の侵入を防ぐために戦っているにも関わらず、後門では狼の侵入を防ぐために戦っている。こんな状況では、どんなに優れた戦士でも太刀打ちできないだろうという意味。ちなみに、「前虎後狼」という言葉もあるが、「表は大義命題であっても、裏では極悪非道なことをやる。」という意味になるので、混在しないように注意が必要。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】前後から虎と狼に挟み撃ちされては、勇者であってもたち打ちできないということ。

【出典元】趙弼 「評史」
【語源・由来】「前門据虎後門進狼(前門に虎を拒ぎ、後門に狼を進む)」『評史・趙弼』から生まれた言葉。

「前門の虎、後門の狼」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

前門に虎を防ぎ後門に狼を進む(ぜんもんにとらをふせぎこうもんにおおかみをすすむ)

【類義語】

一難去ってまた一難/禍去って禍またいたる/一難去って又一難/虎口を逃れて竜穴に入る/前虎後狼/追っ手を防げば搦め手へ回る/禍去って禍また至る/火を避けて水に陥る

【対義語】

【注意】
「前門の狼後門の虎」は誤り。 「前虎後狼」は違う意味。
スポンサーリンク

「前門の虎、後門の狼」の例文

【日本語】「コストは上がるし売り上げは下がるしで、うちの会社は前門の虎後門の狼という状態だ」
【英語】
A precipice in front ,a wolf behind.

タイトルとURLをコピーしました