ことわざ/出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ)とは?

「出藍の誉れ」意味と読み方 【表記】出藍の誉れ 【読み】しゅつらんのほまれ 【ローマ字】SHUTSURANNNOHOMARE 【意味】 弟子が師よりもすぐれていること。 説明 藍染の染料は、もとの藍の葉より青くなることからいう。その関...

ことわざ/沈香も焚かず屁もひらず(じんこうもたかずへもひらず)とは?

「沈香も焚かず屁もひらず」意味と読み方 【表記】沈香も焚かず屁もひらず 【読み】じんこうもたかずへもひらず 【ローマ字】JINNKOUMOTAKAZUHEMOHIRAZU 【意味】 特によいところまければ、悪いところもなく、平々凡々であ...

ことわざ/地獄の一丁目(じごくのいっちょうめ)とは?

「地獄の一丁目」意味と読み方 【表記】地獄の一丁目 【読み】じごくのいっちょうめ 【ローマ字】JIGOKUNOICCHOUME 【意味】 非常に恐ろしい所のたとえ。また、破滅や困難に至る第一歩。 説明 きわめて恐ろしい所のたとえ。また...
スポンサーリンク

ことわざ/自家薬籠中の物(じかやくろうちゅうのもの)とは?

「自家薬籠中の物」意味と読み方 【表記】自家薬籠中の物 【読み】じかやくろうちゅうのもの 【ローマ字】JIKAYAKUROUCHUUNOMONO 【意味】 必要に応じて自分の思うままに使える物、または人。 説明 自分の薬を入れてある薬...

ことわざ/心頭を滅却すれば火もまた涼し(しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし)とは?

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」意味と読み方 【表記】心頭を滅却すれば火もまた涼し 【読み】しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし 【ローマ字】SHINNTOUWOMEKKYAKUSUREBAHIMOMATASUZUSHI 【意味】 ...

ことわざ/死馬の骨を買う(しばのほねをかう)とは?

「死馬の骨を買う」意味と読み方 【表記】死馬の骨を買う 【読み】しばのほねをかう 【ローマ字】SHIBANOHONEWOKAU 【意味】 優秀でない者を優遇して、優れた人材が集まるのを待つこと。 説明 とりあえず凡人を優遇しておけば、...

ことわざ/蛇は寸にして人を呑む(じゃはすんにしてひとをのむ)とは?

「蛇は寸にして人を呑む」意味と読み方 【表記】蛇は寸にして人を呑む 【読み】じゃはすんにしてひとをのむ 【ローマ字】JAHASUNNNISHITEHITOWONOMU 【意味】 すぐれた人は幼少の頃から普通の人と違ったところがある。 ...

ことわざ/獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)とは?

「獅子身中の虫」意味と読み方 【表記】獅子身中の虫 【読み】しししんちゅうのむし 【ローマ字】SHISHISHINNCHUUNOMUSHI 【意味】 組織などの内部にいながら害を与える者や恩を仇で返す者のたとえ。 説明 獅子の体内に寄...

ことわざ/小人閑居して不善をなす(しょうじんかんきょしてふぜんをなす)とは?

「小人閑居して不善をなす」意味と読み方 【表記】小人閑居して不善をなす 【読み】しょうじんかんきょしてふぜんをなす 【ローマ字】SHOUJINNKANNKYOSHITEFUZENNWONASU 【意味】 つまらない人間は暇でいると、つい...

ことわざ/鹿を指して馬と為す(しかをさしてうまとなす)とは?

「鹿を指して馬と為す」意味と読み方 【表記】鹿を指して馬と為す 【読み】しかをさしてうまとなす 【ローマ字】SHIKAWOSASHITEUMATONASU 【意味】 自分の権力を利用して、間違ったことを無理に押し通すこと。また、人を欺き...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました