ことわざ/子供の喧嘩に親が出る(こどものけんかにおやがでる)とは?

「子供の喧嘩に親が出る」意味と読み方 【表記】子供の喧嘩に親が出る 【読み】こどものけんかにおやがでる 【ローマ字】KODOMONOKENNKANIOYAGADERU 【意味】 子供どうしのけんかに親が口出しをすること。また、つまらない...

ことわざ/転んでもただでは起きぬ(ころんでもただではおきぬ)とは?

「転んでもただでは起きぬ」意味と読み方 【表記】転んでもただでは起きぬ 【読み】ころんでもただではおきぬ 【ローマ字】KORONNDEMOTADADEHAOKINU 【意味】 たとえ失敗しても、そこから何とかして利益を得ようとすることで...

ことわざ/子はかすがい(こはかすがい)とは?

「子はかすがい」意味と読み方 【表記】子はかすがい 【読み】こはかすがい 【ローマ字】KOHAKASUGAI 【意味】 子供は、夫婦の仲を和やかにし、夫婦の縁をつなぎとめる役割をするものであるという意味。 説明 夫婦仲が悪くても、子へ...
スポンサーリンク

ことわざ/好機逸すべからず(こうきいっすべからず)とは?

「好機逸すべからず」意味と読み方 【表記】好機逸すべからず 【読み】こうきいっすべからず 【ローマ字】KOUKIISSUBEKARAZU 【意味】 よい機会を逃してはならない。 説明 チャンスが訪れたときは、それを逃さずに行動するべき...

ことわざ/後悔先に立たず(こうかいさきにたたず)とは?

「後悔先に立たず」意味と読み方 【表記】後悔先に立たず 【読み】こうかいさきにたたず 【ローマ字】KOUKAISAKINITATAZU 【意味】 事が終わった後でいくら悔やんでも、手遅れで取り返しはつかない。 説明 済んだことを後から...

ことわざ/好事門を出でず悪事千里を行く(こうじもんをいでずあくじせんりをゆく)とは?

「好事門を出でず悪事千里を行く」意味と読み方 【表記】好事門を出でず悪事千里を行く 【読み】こうじもんをいでずあくじせんりをゆく 【ローマ字】KOUJIMONNWOIDEZUAKUJISENNRIWOYUKU 【意味】 悪い行いや悪い評...

ことわざ/恒産なくして恒心なし(こうさんなくしてこうしんなし)とは?

「恒産なくして恒心なし」意味と読み方 【表記】恒産なくして恒心なし 【読み】こうさんなくしてこうしんなし 【ローマ字】KOUSANNNAKUSHITEKOUSHINNNASHI 【意味】 一定の財産や生業のない者は、定まった正しい心がな...

ことわざ/紅一点(こういってん)とは?

「紅一点」意味と読み方 【表記】紅一点 【読み】こういってん 【ローマ字】KOUITTENN 【意味】 多くのものの中で異彩を放つもの。特に、多くの男性の中の一人の女性。 説明 「万緑叢中紅一点」の略。多くの緑の葉の中に、ただ一輪、紅...

ことわざ/転がる石には苔が生えぬ(ころがるいしにはこけがはえぬ)とは?

「転がる石には苔が生えぬ」意味と読み方 【表記】転がる石には苔が生えぬ 【読み】ころがるいしにはこけがはえぬ 【ローマ字】KOROGARUISHINIHAKOKEGAHAENU 【意味】 活発な活動を続けている人は、いつも生き生きとして...

ことわざ/後塵を拝する(こうじんをはいする)とは?

「後塵を拝する」意味と読み方 【表記】後塵を拝する 【読み】こうじんをはいする 【ローマ字】KOUJINNWOHAISURU 【意味】 他人に先んじられる。身分の高い人や勢力のある人に媚びへつらう。人につき従う。人を仰ぎみる。 説明 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました